【キャンプ入門③】レンタルキャンプで確認すべきこと

レンタルキャンプを利用するなら、今後の道具選びで失敗しないためにも以下の内容をぜひチェックしてみましょう。

一通りキャンプを体験できるレンタルキャンプでしか確認できないことばかりなのでチェックもれのないように!

また各項目に我が家が購入する際にこだわったポイントも紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

目次

テントについて

✔︎ 利用人数にあうサイズかどうか。

✔︎ 寝てみた時の密着度。快適に寝られるスペースがあるかどうか。

✔︎ テントの高さ、出入りのし易さ

✔︎ 設営、撤収のし易さ

我が家がこだわったポイント【愛用テント:ランドロック・アイボリー

幕内の明るさ・・・明るい居室空間が良かったのでアイボリーの色にしました。昼夜問わず明るい空間に満足しています!

高さに余裕があるもの・・・幕内の移動もできるだけしゃがまずに過ごしたかったので。

設営が複雑すぎないか・・・設営動画を確認して設営しやすいことものを候補に!

チェアーについて

✔︎ 座り心地はどうか 素材、背もたれなど

✔︎ 高さはハイorロー?どちらが自分にあっているか

✔︎ 立ち上がりはしやすいか

我が家がこだわったポイント

高さ・・・焚き火を存分に楽しみたかったので、焚き火にあたりやすい比較的低いタイプのものを選びました。

調理のしやすい高さ・・・後々調理担当の私は立ち上がりやすい高さで、さらに物を取ったりしやすい回転するチェアを買い直しました。

サイズ・・・荷物の容量を抑えたかったのでできるだけコンパクトになるものを選びました。

ランタンについて

✔︎ 数はいくつ必要か

✔︎ 真っ暗なキャンプサイトで光量はどれくらい必要か

✔︎ 扱いやすさ

我が家がこだわったポイント

連続点灯時間が十分か・・・キャンプを始めた当初はモバイルバッテリーをもっていなかったのでできるだけ長くもつものを選びました。

明るさ・・・光量が十分あるかどうか口コミ等を参考に購入。

灯りの色・・・柔らかい印象の電球色が好みだったので光の種類を切り替えられる物。

LEDランタン・・・慣れるまではLEDが扱いやすいと思いはじめはLEDランタンを選びました。

調理器具について

✔︎ 普段使い慣れない調理器具を試してみて使い勝手の良さを確認

✔︎ ダッチオーブンやスキレットのサイズは人数に対して容量が足りるか

我が家がこだわったポイント

・スキレットは大きすぎると重いのでトースト1枚が入る大きさを目安に購入。

・慣れるまでは何が必要かいまいち分からなかったので、しばらくは家の調理器具を持って行ったりしてゆっくり揃えていった。

・手入れや後片付けに手間がかかりすぎないか。

寝袋について

✔︎ 寝心地はいいか

✔︎ 寒さに耐えられるものか

✔︎ 形状(マミー型か封筒型か)の好みを知る

我が家がこだわったポイント

・できるだけ物を増やしたくない思いから年中使えるものを探しました。

子供と添い寝ができるタイプのもの。

・締め付け感のないもの。マミー型ではなく足元もより開放感のある封筒型のもの。

・価格は一人1万円くらい

我が家が選んだ寝袋についてのレビューはこちら↓

収納サイズの確認

収納サイズについても確認しましょう。

オートサイト(車の横付けが可能なサイト)など、車に載せられるようであれば、試しに載せてサイズ感をチェックしてみましょう。

ラゲッジスペースに収まるサイズがどれくらいなのか目安がわかると思います。

また自宅の保管場所も収まるサイズかどうかイメージしてみましょう。

まとめ

レンタルキャンプをした後、本格的にキャンプ道具をそろえていくなら、このまたとないチャンスを有効に使いましょう。

よく吟味して買ったつもりでも、後々何か違うなと感じることはあると思います。

我が家も購入する際は結構悩んで選びますが、使っていくうちに結局買い直す道具もありました。

キャンプ道具の買い物の失敗は付き物ですが、できればその回数は減らしたいですよね。

大物のテントやテーブル、寝袋などは特に!

そのためにもレンタルキャンプをする際はじっくり使い心地などをチェックすることをおすすめします。

<参考文献>
著者:長谷部雅一監修、発行者:富永靖弘 タイトル:いちばんやさしいキャンプ入門 出版社:株式会社新保氏出版社 発行:2020年4月


よかったらシェアしてね!(⑅•ᴗ•⑅)*°
目次
閉じる