【比較レビュー】買うならどっち?キッズスマートウォッチQISHUO LT25とOaxis My First FONE R1 子供用スマートウォッチ

子供用 スマートウォッチ QISHUOとOaxis R1 比較

子供用のスマートウォッチでどれを買おうか迷われている方へ!

本記事はQISHUOのスマートウォッチLT25Oaxis JapanのスマートウォッチR1の比較レビューをまとめました!

この2機種は現在日本で売られているSIM対応・GPS機能付き子供用スマートウォッチの中から、レビュー内容や機能の詳細を参考にして我が家が購入したスマートウォッチになります。

2機種で購入を迷われてる方はもちろん、これから子ども用のスマートウォッチを探そうと思っている方の参考にもなると思います。

今回は主に使うであろう機能のみを比較しています。気になる点をぜひチェックしてみてくださいね!

はならっこ

初めに購入したQISHUOのスマートウォッチLT25を1か月使用して、
同じsimカードを使ってOaxis JapanのスマートウォッチR1を2週間レンタル。その後購入して現在も使用しています。

スマートウォッチを子供との連絡ツールとしておすすめする理由が知りたい方はこちらの記事が参考になります。

目次

子供用スマートウォッチ 
結論

QISHUOスマートウォッチLT25はこんな人におすすめ

・コストをできるだけ安く抑えたい人
・チャット機能がグループチャットのみでもOKな人
・時計は英語又は中国語表記だけど子供が慣れて使えれば気にしない人(現在は日本語対応版も発売されています)

Oaxis myFirst Fone R1はこんな人におすすめ

Oaxis myFirst Fone R1

Oaxis Japan myFirst Fone R1

 更に5%割引コード【802AFDAE678

・端末代が少し高いが利便性を重視したい人
・チャット機能でグループチャットではなく1対1のチャットがしたい人
・画質にこだわる人

はならっこ

では各項目ごとに比較してから、詳しく説明していきますね!

子供用スマートウォッチ 
比較一覧

商品名QISHUO キッズスマートウォッチ LT25
QISHUO キッズスマートォッチ LT25
Oaxis マイファーストフォンR1

myFirst Fone R1
モバイルネットワークの安定性 >>詳細不安定な時がある不安定な時がある
画質 >>詳細粗い200万画素
操作性 >>詳細普通良い
価格 >>詳細9,400円〜16,540〜20,680円
推奨データ容量 >>詳細0.2GB〜1GB以上
GPSの精度 >>詳細多少の誤差アリ
最短自動更新10分
多少の誤差アリ
最短自動更新1分
チャット機能 >>詳細グループチャットのみ
音声チャット
アプリからは文字送信可
個別にチャットができる
絵文字、顔文字
音声チャット
アプリからは文字送信可
言語 >>詳細英語、中国語、韓国語 ※1英語、中国語、日本語、にほんご
防水機能 >>詳細IP67IPX7
防塵機能 >>詳細IP67X=省略されている
カラーブルー
ピンク
ブラック
パープル
ブラック
その他の機能についてAmazonで詳細を見るAmazonで詳細を見る

※1.現在QISHUOのスマートウォッチ2021年(日本語対応)も発売されています。

参照:Oaxis Japan

子供用スマートウォッチ 
モバイルネットワークの安定性

ネットワーク接続の安定性に関しては、スマートウォッチの機種による違いはほぼ感じられませんでした!

今回利用したsimカードはどちらもnuroモバイルのものでしたが、たまに電波状況が不安定になるのかうまく繋がらないこともあります。

子供用スマートウォッチ 
画質

下記の画像では違いが分かりにくいですが(^^;)画質に関しては② Oaxis myFirst Fone R1の方が断然キレイです。

QISHUO LT25の方も子どもの表情は認識できて個人的には問題ないように感じますが、画質にこだわる人には気になるレベルかなという印象です。

子供用スマートウォッチ 
操作性

うちの子は一通りやり方を覚えてからは、どちらも問題なく使えました。

英語表記でもアイコンがあるからすぐ使えるようになったよ〜

ただ QISHUO LT25の方は時計側が日本語表記でないことと、アプリ側の日本語表現が一部おかしいという点で慣れるまでは分かりづらさがあると思います。

あと QISHUO LT25はアプリを開く際、広告が表示されるので急いでいる時にはわずらわしさも感じます。(広告は年額300円で非表示にもできます)

子供用スマートウォッチ 
価格

Amazon通常価格割引状況
QISHUO LT2511,150円Amazon
Oaxis myFirst Fone R120,680円公式サイトSALE中
+クーポンコード【802AFDAE678】
利用で更に5%割引

楽天市場 SALE中
Amazon 割引クーポン
更新日(2021.12.30時点)(2021.12.30時点)
はならっこ

myFirst Fone R1は現在SALE中で、公式サイトに限りクーポンコード【802AFDAE678】利用で更に決済時5%割引されます。

子供用スマートウォッチ 
推奨データ容量

QISHUO LT25データ容量0.2GBで1ヶ月十分もちました!

Oaxis myFirst Fone R1の方はメーカーの推奨するデータ容量が1GB以上/月なので月々のコストも若干高くなるかもしれませんが、使用状況によってはQISHUOと同じく0.2GB以内で収まるかもしれません。

我が家の使用状況
・平日週2〜3回放課後、音声チャット、ビデオ通話を数回やり取りする。GPSで居場所確認。
・月に2〜3回週末外出時にビデオ通話を数回する。
・GPSの自動トラッキングは常時オフにしている。確認したい時だけ手動でGPS更新。

上記のような頻度で② Oaxis R1を使用して、NURO Mobileの月0.2GB/330円で容量は足りています。
0.2GBで足らなかったのは子供が使い過ぎた初月のみでした。

公式ページに動作確認済みのsimカードが紹介されています。

子供用スマートウォッチ 
GPSの精度

どちらもGPSの現在地表示は多少の誤差(20〜60mくらい)があり精度はGPS単体の製品の方が良いと思います。

位置情報の自動更新はQISHUO LT25は最短10分おき〜、② Oaxis myFirst Fone R1は最短1分おき〜更新頻度の設定ができます。

どちらもリアルタイムに動いている子どもの様子を追うことはできません

子供用スマートウォッチ 
チャット機能

音声メッセージは可能ですが、どちらもスマートウォッチからはテキストメッセージは送れません。スマホアプリからはテキストメッセージも送れます。

QISHUO LT25はグループチャットのみで1対1のチャットはできません。

Oaxis myFirst Fone R1は1対1のチャットが可能で、絵文字も双方から送れます。

子供用スマートウォッチ 
言語

QISHUO LT25の時計は日本語に対応していません※2 スマホアプリは日本語です。

Oaxis myFirst Fone R1は日本語にも対応していて低年齢のお子さんでも読めるようにひらがな表記もあります。

※2.現在はQISHUOのスマートウォッチ2021年発売(日本語対応)が発売されています。

子供用スマートウォッチ 
防水機能

防水性能を示すIPコードはどちらも7なので防水性能は同じでどちらも高性能です。

※IPX7は30分間水に浸しても内部に浸水しないレベル 

子供用スマートウォッチ 
防塵機能

QISHUO LT25 は防塵性能=6、② Oaxis myFirst Fone R1は防塵性能=Xで、Xは省略を意味するので比較ができませんがQISHUO LT25の方は高い防塵性能が保証されています。

子供用スマートウォッチ 
まとめ

今回比較したQISHUO LT25Oaxis myFirst Fone R1は機能面や月々のsimカード料金の違いなど、どちらも一長一短があるかなと思いました。

我が家が最終的に選んだのはOaxis myFirst Fone R1のスマートウォッチでした。

決め手となったのは、チャット機能で1対1のやりとりができること!

グループチャットだと、仕事中の夫にもいちいち通知がいってしまうのでそれは避けたいという思いもあり・・・

あとは、娘自身もOaxis myFirst Fone R1のデザインや音楽が聴けるといった点が気に入っていました。

以上、いかがでしたでしょうか。

お子さんとの連絡ツールとしてとても便利なスマートウォッチですが、どれを買ったらいいのか迷われている方の参考になれば嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

ガジェットのレビュー記事を書かれているマドグチさんスマートウォッチの選び方を紹介しています。種類の多い大人用のスマートウォッチもいろんな視点から選ぶ基準を紹介しているのでとても参考になります。
https://gadget-madoguchi.com/category/gadget/smartwatch/


よかったらシェアしてね!(⑅•ᴗ•⑅)*°
目次
閉じる