【比較レビュー】買うならどっち?キッズスマートウォッチQISHUO LT25とOaxis My First FONE R1 子供用スマートウォッチ

子供用 スマートウォッチ QISHUO LT25とOaxis R1 比較レビュー アイキャッチ

当記事は、QISHUOのL25OaxisのmyFirst Fone R1を実際に使った比較レビューになります。

どちらを買おうか迷われている人はもちろん、これからキッズスマートウォッチを探す人もぜひご覧になってスマートウォッチの購入をご検討ください。

まだ見守り製品で何を買うか迷っている人は「SIMフリーで通話可能!スマートウォッチを持たせる理由5つ|おすすめスマートウォッチはコレ」の記事も参考にしてみてください。

小学生の見守りにスマートウォッチの何が便利なのか、メリットやデメリットも紹介しています。

見守り用スマートウォッチに欠かせないSIMカードに関しては、「キッズスマートウォッチ月額料安くする方法おすすめ格安SIM」の記事で詳しく紹介しています。

はじめに、我が家がキッズスマートウォッチを購入するにあたって欲しかった機能は以下の4点でした。

我が家が欲しかった機能
  • GPS機能付き
  • SIM対応で通話ができる
  • ビデオ通話、チャット機能がある
  • 繋がる相手を親が管理・制限できる

ここで紹介するスマートウォッチは、現在日本で売られているSIM対応・GPS機能付きキッズスマートウォッチの中から、

レビュー内容や機能面を参考に我が家のニーズにぴったりだった以下の2機種になります。

当初は、日本製でGPS機能付のキッズスマートウォッチを探していましたが現行販売されているものでは、日本製の製品は見つかりませんでした。

QISHUO キッズスマートウォッチ LT25
QISHUOのスマートウォッチLT25
Oaxis マイファーストフォンR1
Oaxis JapanのスマートウォッチR1

どちらのスマートウォッチも多機能なので今回はメイン機能のみを比較しています。

我が家の使用歴は…
初めにQISHUOのスマートウォッチLT25を購入して2ヶ月弱使用し、後から購入したOaxisのmyFirst Fone R11年以上使用しています。

目次

結論

QISHUOスマートウォッチLT25はこんな人におすすめ

QISHUO キッズスマートウォッチ LT25

    Amazonで詳細を見る

・コストをできるだけ安く抑えたい人
・チャット機能がグループチャット(登録者全員)のみでもOKな人(1対1のやり取りができない)
・時計は英語又は中国語表記だけど子供が慣れて使えれば気にしない人(現在は日本語対応版も発売されています)

Oaxis myFirst Fone R1はこんな人におすすめ

Oaxis myFirst Fone R1

Oaxis Japan myFirst Fone R1

今ならLINEクーポンでお得に!

※最新機種も発売されています。
新型「myFirst Fone R1s」

今なら公式サイトで購入すると公式LINEクーポン30%OFF(2/28まで)6,840円も安く購入できます!

・端末代が少し高いが利便性を重視したい人
・チャット機能でグループチャットではなく1対1のチャットがしたい人
・画質にこだわる人

キッズスマートウォッチ 
比較一覧

商品名QISHUO キッズスマートウォッチ LT25
QISHUO キッズスマートォッチ LT25
Oaxis マイファーストフォンR1

myFirst Fone R1
モバイルネットワークの安定性 >>詳細不安定な時がある不安定な時がある
画質 >>詳細粗い200万画素
操作性 >>詳細普通良い
価格 >>詳細12,750円〜15,960〜22,800円
推奨データ容量 >>詳細0.2GB〜1GB以上
GPSの精度 >>詳細多少の誤差アリ
最短自動更新10分
多少の誤差アリ
最短自動更新5分
チャット機能 >>詳細グループチャットのみ
音声チャット
アプリからは文字送信可
個別にチャットができる
絵文字、顔文字
音声チャット
アプリからは文字送信可
言語 >>詳細英語、中国語、韓国語 ※1英語、中国語、日本語、にほんご
防水機能 >>詳細IP67IPX7
防塵機能 >>詳細IP67X=省略されている
カラーブルー
ピンク
ブラック
パープル
ブラック
その他の機能についてAmazonで詳細を見る公式サイトで詳細を見る

※1.現在QISHUOのスマートウォッチ2021年(日本語対応)も発売されています。

参照:Oaxis Japan

モバイルネットワークの安定性

ネットワーク接続の安定性に関しては、スマートウォッチの機種による違いはほぼ感じられませんでした。

スマートフォンの管理アプリを立ち上げていない時は、子供からのビデオ通話やメッセージの通知がこないことがあります。

利用したsimカードはどちらもnuroモバイル(データSIM)ですが、管理アプリを立ち上げておくとスムーズに繋がるので子供が一人になる時は、アプリを起動しておくようにしています。

画質

下記の画像では違いが分かりにくいですが画質に関しては② myFirst Fone R1の方が断然キレイです。

QISHUO LT25の方も子どもの表情は認識できて個人的には問題ないように感じますが、画質にこだわる人には気になるレベルかなという印象です。

操作性

うちの子は一通りやり方を覚えてからは、どちらも問題なく使えました。

英語表記でもアイコンがあるからすぐ使えるようになったよ

ただQISHUO LT25の方は時計側が日本語表記でないことと、アプリ側の日本語表現が一部おかしいという点で慣れるまでは分かりづらさがあると思います。

あとQISHUO LT25はアプリを開く際、広告が表示されるので急いでいる時にはわずらわしさも感じます。(広告は年額300円で非表示にもできます)

myFirst Fone R1の使い心地など詳細はmyFirst Fone R1レビュー 1年使って気づいた」はこちらの記事にまとめています。

価格・割引について

①QISHUO LT25も②myFirst Fone R1のどちらも時々SALEは行われています。

②myFirst Fone R1に関しては、

今なら公式サイトで購入すると10%OFF+LINEクーポン15%OFF(12/24まで)で通常価格より4,700円も安く購入できます!

QISHUO LT25myFirst Fone R1
通常価格12,750円22,800円2023.2時点
割引状況Amazonで
現在価格を見てみる
公式サイト
公式LINEクーポンで
30%割引
15,960円(2/28まで)
② R1はAmazonや楽天よりも公式サイトで購入する方がお得です!
キッズスマートウォッチ2機種の価格と割引について

推奨データ容量・SIMについて

我が家は音声通話(電話)は不要と考え、データSIMを利用しています。

初月に子供が使い過ぎた時以外は、これまでのデータ容量(0.2GB)で不足したことはありません。

myFirst Fone R1はメーカーの推奨するデータ容量が1GB以上/月となっていますが、最近の我が家の使い方では0.2GBも超えることはありません。

これからSIMカードを検討するという方はデータSIMなら業界最安値のプランがおすすめです。

音声通話SIMならが通話料も安くおすすめです。

我が家もしばらくNUROモバイルのお試しプランDを利用していましたが(100MB)に乗り換えました。

SIMを乗り換えた理由SIMの詳細音声通話SIMのメリットについては「キッズスマートウォッチ月額料を安くする方法|おすすめ格安SIM」の記事で紹介しています。

我が家の使用状況

・週2〜4日 音声チャット、ビデオ通話を数回やり取りする。GPSで居場所確認。
・GPSの自動トラッキングは常時オフにしている。確認したい時だけ手動でGPS更新

\ 業界最安値!月額198円のプランを見てみる /

\ 月額209円!100MB超えても1GBまで528円

友達や家族と電話連絡もできるようにしたい人は音声通話SIMHIS mobileの”自由自在290”)がおすすめです

自由自在290”プランは他より通話料も安い

我が家が以前使っていたデータSIMはこちらのNUROモバイルです。

\ 月額330円 のお試しプラン(D)を見てみる/

公式ページに動作確認済みのsimカードが紹介されています。

GPSの精度

どちらもGPSの現在地表示は多少の誤差(20〜60mくらい)があります。

精度はGPS専用機の方が良いのではと感じました。

位置情報の自動更新は

QISHUO LT25は最短10分おき〜

myFirst Fone R1は最短5分おき〜

で更新頻度の設定ができます。

どちらもリアルタイムに動いている子どもの様子を追うことはできません

メッセージ(チャット)機能

音声メッセージは2機種とも双方で送信可能ですが、テキストメッセージは2機種ともスマートウォッチ(子)からは送れません。

myFirst Fone R1の方は定型文は送信可能です。

2機種ともスマホの管理アプリ(親)からはテキストメッセージも写真も送れます。

QISHUO LT25はグループチャットのみで1対1のチャットはできません。筆者にとってはここがとても残念でした。

myFirst Fone R1は1対1のチャットが可能で、絵文字も双方から送れます。

①QISHUO LT25
スマートウォッチ(子)から送信
② myFirst Fone R1
スマートウォッチ(子)から送信
音声メッセージ
写真
絵文字
テキストメッセージ定型文のみ可能
子供から送信できるもの一覧
①QISHUO LT25
スマホのアプリ(親)から送信
② myFirst Fone R1
スマホのアプリ(親)から送信
音声メッセージ
写真
絵文字
テキストメッセージ
保護者が送信できるもの一覧

言語

QISHUO LT25の時計は日本語に対応していません※2 スマホアプリは日本語です。

myFirst Fone R1は日本語にも対応していて低年齢のお子さんでも読めるようにひらがな表記もあります。

※2.現在はQISHUOのスマートウォッチ2021年発売(日本語対応)が発売されています。

防水機能

防水性能を示すIPコードはどちらも7なので防水性能は同じでどちらも高性能です。

※IPX7は30分間水に浸しても内部に浸水しないレベル 

手洗いで濡れたり、(泳がない)川遊び程度なら問題ありませんでした。

防塵機能

QISHUO LT25 は防塵性能=6、

myFirst Fone R1は防塵性能=Xで、Xは省略を意味するので比較ができませんが

QISHUO LT25の方は高い防塵性能が保証されています。

キッズスマートウォッチの比較
まとめ

今回比較した QISHUO LT25」とmyFirst Fone R1

機能面での違いや価格などどちらも一長一短があるかなと思いました。

我が家が最終的に選んだのはmyFirst Fone R1のスマートウォッチでした。

一番の決め手となったのは、チャット機能で1対1のやりとりができること!

グループチャットだと、仕事中の夫にも逐一通知がいってしまうのでそれは避けたいという思いもありました。

あとは、娘自身もOaxisのmyFirst Fone R1のデザインや音楽が聴けるといった点が気に入っていました。

お子さんとの連絡ツールとしてとても便利なスマートウォッチですが、

どれを買ったらいいのか迷われている方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

こちらのスマートウォッチはQISHUO キッズスマートウォッチLT25と同じ管理アプリを使っているので機能などはほぼ同じのようです。日本語対応です。

以下2機種は我が家が現在使っているOaxisのmyFirst Fone R1、R1sです。

▼2022年発売の最新機種 新型R1s▼ 詳細をチェック

ガジェットのレビュー記事を書かれているマドグチさんスマートウォッチの選び方を紹介しています。種類の多い大人用のスマートウォッチもいろんな視点から選ぶ基準を紹介しているのでとても参考になります。
https://gadget-madoguchi.com/category/gadget/smartwatch/

ブログランキングに参加しています!応援してもらえると励みになります( ˶ˆ人ˆ˵ )

\応援よろしくお願いします♪/

\応援よろしくお願いします♪ /


子供用 スマートウォッチ QISHUO LT25とOaxis R1 比較レビュー アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
目次