我が家がキャンプで虫対策に使っているもの

キャンプ 虫対策

暖かくなってくるとキャンプの

困りごとの1つに虫問題がありますよね。

我が家もキャンプを始めた頃、

全員虫が苦手で大変でした(笑)

回を重ねるごとに大分免疫は付いてきたものの

害虫に関しては単に気持ち悪いだけでなく

想像以上に危険だということも知りました。

楽しいキャンプに水をさすようなことのないように

しっかり対策をしたいものです。

ここではこれまで我が家のキャンプで

活躍した虫対策アイテムを紹介します。

目次

殺虫剤

フマキラー史上最強と言われる殺虫剤

だけあって、ムカデなどのはう虫から、

ハチやアブなどの飛ぶ虫まで、

200種以上の害虫に効果を発揮します。

虫の多い夏のキャンプでは我が家は

テントを囲うように周りに噴射します。

効き目が強力なだけに噴射時は

目や口に入らないよう注意して散布します。

効果は本当に抜群で噴射後ほぼ1日は虫が寄ってきません。

時々害の無い虫までが死んでいるのを

見ると悪いことをしてるようで

毎回胸が痛むんですが、キャンプ中は

危険な虫もけっこう頻繁に遭遇するので

加減が難しいところです。

フマキラー 虫除け スプレー ヤブ蚊バリア 480ml

大きな害虫がいないような場合は、ヤブ蚊対策にこれだけを使うこともあります。

フマキラー カダン スズメバチ 殺虫剤 駆除 スプレー バズーカジェット 550ml

スズメバチの活動が活発になる時期などはスズメバチ専用のスプレーも持っていきます。

森林線香

この線香は普通の蚊取り線香とは違う

メトフルトリンという成分で効き目が強力です。

サイト内に焚いておけばヤブ蚊も含め

蚊にほぼさされないので虫の季節には

マストアイテムとなってます

※注意※ 屋外用で通常のものより煙が多くでるので室内では使用しないこと。
※注意※ アレルギー体質の方は使用しない方がいいと書かれています。

ポイズンリムーバー

その名の通り、毒を吸い取る吸引機です。

我が家はまだ一度も使ったことはないですが、

一緒にキャンプをした親戚がブヨに刺された時に

これを使って対処していました!

ブヨなら噛まれてすぐ吸引すれば効果は絶大です!

噛まれたことに気づかずそのままだった箇所は

赤く腫れ上がり猛烈な痒みに襲われ大変なことに

なってましたが、すぐに吸引したところは

少し痒みがある程度ですんでいました!

服装

ブヨなどが発生しやすい場所や時間帯は

できるだけ手足の露出を減らします。

ちなみに上記の話でブヨに噛まれた親戚は

見事に手足が露出した格好でいて、

夕方の涼しい時間帯になって

めちゃくちゃ噛まれていました。

同じ場所にいても肌の露出が少なかった

他の人はほぼ噛まれずに済んだので

単純だけど服装に気をつけるのも大事ですね。

虫除けネット

我が家はハチ対策に購入しました!

特に子供がすごく怖がってパニックになり

余計危険なのですぐにこのネットを被らせます。

首から上は刺されないという

安心感もあり子供も大分落ち着きます。

実際は絶対刺されないというものでは

ないんでしょうが、首元から服に入るなどの

心配もなくなるので安心アイテムとしては優秀です!

ただ、黒色はアブなどが寄りやすい色なので

白っぽい方がより活躍しそうですね。

ワンプッシュ

森林香が焚けないテント内や煙が届きにくい

タープの天井などに寄ってくる虫対策に使用します。

夜になるとライトに虫が集まってくる

ので気になる時はワンプッシュします。

効果も抜群で虫がけっこう落ちてくるので

食材や食器類は片付けてから

噴射することをおすすめします!

虫除けスプレー

肌の弱い人や小さな子供でも使える

やさしい成分なのと、効力もしっかりある

ので我が家はこちらを使っています。

パウダー入りなのでベタついたり

することもなく使い心地も良いです!

食材を扱う際などはハッカ油を使うこともあります。

虫除けバンド

子供が水遊びしたり、屋外で遊ぶ際には

このリングを腕や足につけさせています。

虫に刺された時用に塗り薬も持っていきます。

まとめ

我が家は上記で紹介したアイテム以外にも、

カラビナのついた携帯用の蚊取り線香や

虫除けステッカーなどを場所によって使い分けています。

これくらいの虫対策をしておけば、

キャンプなどでよく遭遇する虫には

だいたい対処できるんじゃないかなと思います。

みなさんのキャンプがより快適で楽しいものになりますように!!(^_^)


よかったらシェアしてね!(⑅•ᴗ•⑅)*°
目次
閉じる